アロマテラピー検定受験の独学受験対策講座

アロマスクールを東京でお探しなら、資格が取れる齋藤れいこアロマスタイルスクール

050-3129-0361

〒157-0071 東京都世田谷区千歳台

営業時間/10時00分~19時00分 不定休

アロマテラピー検定受験の独学受験対策講座

アロマ資格取得ブログ

2018/10/04 アロマテラピー検定受験の独学受験対策講座

アロマ&コミュニケーション活性(素質論)の齋藤れいこです。

 

アロマ検定受験を控えている皆様、覚えなきゃいけない部分はわかってますか?

アロマ検定は、1級と2級があります。

 

 

アロマ検定2級は、自分のためのアロマ活用の知識、1級は自分を含めて周りの人も安全に活用できるようになれる知識の習得が出来ているのかを試す検定になります。

過去問や公式テキストをしっかりと読み込んで、精油に関する情報も頭に叩き込んでくださいね。

きちんと理解出来て覚えることができれば、難易度的にはクリアできると思います。

 

アロマは好きでも歴史は覚えるのが大変~って方、毎年多くいらっしゃいますが、日本でのアロマの普及はおよそ27年前くらいです。大きな時代の流れをみてみると、紀元前から古くは古代ギリシャの時代からも活用されていた素晴らしい歴史の上に今日のアロマテラピーが脈々と受け継がれているのですね。

そんなことを考えると、歴史抜きにはアロマテラピーは語れないのです。

 

そこで、歴史の人物を覚えるポイントをご紹介します。

 

・登場人物の年代

・何の専門家なのか

・著書のタイトル(テキストに出てくる歴史的人物は必ず著書があります)

 

テキストにも書いてあるように、歴史的人物や物と精油に絡めて出題されることが多いです。

 

・ネロリ=ネローラ公国の公妃

・ケルン水=アルコール、ベルガモット

 

香りのテストもハーブ系の嗅ぎ分けは難しいと思いますが、香りのトップの部分と残り香の部分に神経を集中してその違いを感じ取ってくださいね。

 

齋藤れいこでした。

 

 

独学で受験なさる方で心配な方は短期集中ポイント講座をしてます⇒☆

 

 

 

電話番号 050-3129-0361
住所 〒157-0071 東京都世田谷区千歳台
成城学園前又は千歳烏山駅
営業時間 10時00分〜19時00分
定休日 不定休

TOP